東松山陸上スポーツ少年団クラブ交流記録会

5月12日に開催されました「東松山陸上スポーツ少年団クラブ交流記録会」の結果をご報告いたします。

東松山陸上スポーツ少年団クラブ交流記録会
種目 選手名 記録
小学男子100m 佐藤 大地 14秒42
東條 成吾 15秒31
新井 空澄 15秒53
諏訪部 智也 15秒67
池田 悠太 16秒36
中北 裕基 16秒52
堀 勝英 18秒59
小学男子1000m 新井 空澄 3分24秒38
中北 裕基 3分38秒64
池田 悠太 3分50秒11
堀 勝英 4分08秒12
小学男子走幅跳 佐藤 大地 4m55
小学男子ボール投げ 佐藤 大地 38m93
小学男子4x100mR 諏訪部/佐藤/東條/新井 57秒55
小学女子100m 山﨑 瑛恋 14秒93
宮嶋 安由 15秒09
中曽根 優花 15秒45
小学女子1000m 宮嶋 安由 3分37秒98
小学女子走幅跳 川口 寧音 3m72
小学女子ボール投げ 川口 寧音 27m03
宮嶋 安由 20m10
小学女子4x100mR 川口/山﨑/中曽根/宮嶋 57秒19

こちらの詳しい結果は下記リンク先にて掲載しております。
https://ishiharajyuku-tc.com/wp-content/uploads/2019/05/higashimatsuyama_20190512.pdf

コーチの総評

短距離
リレーは男女共に57秒台を出すことができました。
今後は各々が100mタイムを0.3秒縮め、チームではバトン技術の更なる向上を目指し、公式戦で決勝に残る目安である55秒台を目指しましょう。
中距離
課題であるスタートを全員クリアする事ができました。
今回は短距離の2人が好タイムを出しましたね。しかし、冬の駅伝シーズンでは中距離の選手が練習を引っ張らなくてはいけません。失敗を恐れず勇気を持って攻める事、勝負する事を覚えて欲しいです。
跳躍・投擲
走り幅跳びは大地がベストを出せました。
寧々はファールが多かったが、いい跳躍をしていましたので公式戦に備え踏み切りをしっかり練習していきましょう。
ジャベリックは試合慣れしていない中3人ともしっかり投げていました。
今後はクラブの方で練習環境を検討していきます。
総評
試合の時一番大切なのは気持の持ちようです。
たくさんの方の支援を受けている今の環境への感謝を忘れずに、今までの練習を信じましょう。それができていれば、他の選手を気にして恐れる必要はありません。
今は全力で陸上を楽しみましょう。

集合写真